店長が警察に怒っていた!

つい、2週間前から大変なことが起きています。

うちの会社のショップと全く同じデザインで

中国人らしき人が、ショップを開設しているんです。

 

しかも明らかに、偽物とわかるような低価格で・・・

だってリモワが2万円台とかありえないですからね。

 

で、なにが問題かというと、

yahooの広告に、その中国人のサイトが掲載されているんです。

かなりだまされてしまうお客さんがいるんじゃないかなと。

 

 

そんなわけで、そのサイトの存在を、お客さんがすぐに教えてくれたので

店長がyahooに言って、広告を取り下げるようにクレームをあげました。。。

 

ところが、なんと。。。

yahooは広告を止められないだの、なんだの、言っているらしんです。

ようは、詐欺サイトの判断が付かないと。

 

会社名を適当で、掲載されている電話番号は

どこかの釣具屋さんのFAX番号を載せているのに。

 

で、仕方が無いので

警察のサイバー犯罪室に電話をしたら、

対応しようがないといわれ、なぜか総務省を案内されたらしいです。。。

 

で、さらにさらに、被害者続出で、(銀行振り込みをしたら、商品は送られてもこないようです。)

各地の警察署から、うちの会社に電話ががんがん鳴り

怪しまれ、事情を説明し。。。

 

店長いわく、

だから早く動いてくださいと話をしたのにと

悔しがっていました。

 

それにね、なんと警察は

被害者からクレームがきたから

状況確認をしているだけで

特に動く気は無いみたいなんですね。

 

それなのに、一応、形式上、

うちに事情を確認する電話をかけてくるんです。

 

 

う~~~~ん。。。

 

Comments are closed.